sd main logo
詠春拳  EBMAS Okazaki
メニュー

エブマスとは

エブマスは、中国の伝統武術である伝統詠春拳の継承団体です。                                     詠春拳は護身術としても最適です。    見学、無料体験入門受付はこちらから


1978年頃から葉問(イップマン)最後の弟子である梁挺氏(リャウン·ティン)が、ドイツを中心としたヨーロッパで積極的に詠春拳を広めました。

梁挺氏が、ドイツで指導していた時の高弟が当時ドイツ在住だった師父エミン·ボツテペです。

師父エミンは、1976年からボクシング、ムエタイ、空手、トルコ相撲など多くを学んだ後に、国際詠春總會(InternationalWingTsun™Association)に所属して詠春拳を習得しました。

自らのファイト経験(バウンサー師父エミン参照)と、様々な格闘技を学んだ経験から、いかなる格闘技術よりも理論的に詠春拳は、優れているが、伝統の技術”そのまま”では、現代における路上の実戦での対応に足りない部分が多いと感じ、対応できるようにした詠春拳、エブマス詠春拳を創始し、2001年にEBMASを創立しました。

EBMASとは、Emin Boztepe Martial Arts

Systemの頭文字をとったものです。

トルコでは、ポリスアカデミーで指導し、   FBI(人質救出チーム)と米国第4海兵師団にも指導し採用されています。フランス、ドイツ、イタリアなどでも多くの修行人口を抱え、世界40ヶ国に支部が有ります。

エブマスの事を、詠春拳をベースに様々な格闘技を融合して作った総合格闘技とか西洋護身術等と紹介している記述がありますが、それは全くの誤りです。

       

大師父 Emin Boztepe

エミン・ボツテペ英語Emin_Boztepe(ドイツ生まれの在米トルコ人[1])は、トルコ訛りが原因でドイツで人種差別を受け、ドイツで生活していくためには武道、格闘技が必要だと強く感じ、300回以上のストリート·ファイトを経験した。

余談だが、2005年にエミン氏をオーストラリア支部に招いてセミナーを開催した際、一緒にサウナに入った現·EBMAS JAPANチーフ·インストラクターのヨーシュ·ロバート氏は、エミン氏の体のあちこちに残る、ナイフや銃弾による傷痕を見たと、証言している。(月刊秘伝2017年6月号参照)バウンサーをやっていた時に受けた傷だという。数々の修羅場を切り抜けてきたエミン氏が自身の経験を踏まえて創設したのが、EBMASである。

EBMAS(エブマス)とは大師父Emin Boztepeにより2000年に創設。